任意整理なら“316347.com”

一人で悩まないで、無料相談にお越しください。
ご相談ください。新堂・松村法律事務所
携帯で過払い請求・多重債務相談 316744.com
事業再生110番
事業承継110番

任意整理

債務を減額して分割返済する方法です。

事例 〜返しても返しても元金が減らないBさん〜

2. 事例
返しても返しても元金が減らないBさん

学生の頃から、買い物でクレジットカードを使っていました。社会人になり、給料日前で手持ちのお金がなかったときに、初めてクレジットカードでお金を借りました。あまりにも簡単に借りられるので、次第にキャッシングで借りたお金を自分のお金のような感覚で使ってしまい、借入額を増やしてしまいました。

当初
少額をキャッシングで借り、飲食代や遊興費に充てていた。

その後
徐々に借入額が大きくなり、収支のバランスが崩れていった。

現在
返しても返しても借入元金が減らない状態。

現在債務総額 :7社 350万円
Bさんの月収(手取り) :23万円

このまま一生返済を続けなければならないのかと思うと気が遠くなります。自己破産という方法も考えましたが、自分自身でつくった借金なのでできれば返済をしていきたいと思っています。

解決へのステップ

相談後の状況
実は借金が膨らんでしまういちばん多いケースがBさんのようなケースです。最近では、非常に簡単にお金を借りることができるので、よほどしっかりとした返済計画を立てていない限り、安易に借入をするのは危険です。Bさんの場合、「借金を返済していきたい」という希望がありましたので、その方向で相談に応じました。

【請求STOP】
まず、何よりもBさんを苦しめていた厳しい取り立て行為を防ぐことから始まります。
※債権者に対し、弁護士が介入したことが通知された後は、債権者からBさんへの直接の請求・取り立て行為は法律で禁止されています。

【利息制限法による再計算】
その後、Bさんの今までの取引履歴を確認し、「利息制限法」による再計算をしました。

【過払い金請求の申し立て】
再計算した結果、いくつかの業者で過払い金が発生しており、その他の借入も上限金利を超えた金利での借入だったことが判明しました。

【和解交渉】
今後かかる利息をカットし、再計算を行った残債務額をBさんが支払える金額で和解交渉をします。

【返済】
すべての債権者(貸金業者)と和解契約を締結し、Bさんは現在、和解内容に基づき返済をしています。

債務総額:350万円
債務総額:150万円

今回、Bさんから伺った状況はまだ任意整理ができる状況でしたが、もう少し相談するタイミングが遅れていたら、「借金を返済していきたい」というBさんの希望は叶えられず、自己破産するしか方法がなかったかもしれません。

気軽に借入ができるため、ついつい・・・と安易に借りていた自分を深く反省し、今後絶対に同じことを繰り返さないという強い意思をもってください。そして一日も早く借金を完済できるようにがんばってください。

任意整理のお問い合わせ先 フリーダイヤル:0120-316-347任意整理 無料メール相談
Copyright Shindo Matsumura Law Office. All Rights Reserved.