法律まめ知識|過払い請求・多重債務相談なら“316347.com”

一人で悩まないで、無料相談にお越しください。
ご相談ください。新堂・松村法律事務所
携帯で過払い請求・多重債務相談 316744.com
事業再生110番
事業承継110番

法律まめ知識

知っておいた方がよい、借金に関する法律まめ知識をご紹介します。

316347.com トップページ > 法律まめ知識

利息制限法とは

「利息制限法」はお金を貸し借りする際の利息の上限を定めた法律です。

お金を借りた場合、利息を含めて返済しなければなりませんが、この利息には法律上の制限があります。消費者金融やクレジット業者からのキャッシングでは、この制限を越えた利息相当分は支払う義務がありません。そこで、法律の制限の枠の内で利息計算をしなおすと、借金の残高は減り、長く利息を払い続けていた場合には、残高はゼロとなったうえで、払い過ぎた金額の返還を請求することができます。これを過払い金請求といいます。

高利・商工ローンで最大の問題は、「利息制限法」(15%〜20%)という法律がありながら、金融会社のほとんどがそれを上回る上限金利(15%〜29.2%)で貸付けているという現実です。
利息制限法の金利で再計算することにより、利息扱いだった返済金が元金に充てられるので、元金が大幅に減ることになります。


利息制限法


民事再生のメリット・デメリット

■借入金
 元金10万円未満の場合は年利20%
 元金10万円以上100万円未満の場合は年利18%
 元金100万円以上の場合年利15%
この上限を超える利息は原則として無効であり、支払う必要はありません。しかし多くの金融会社はこの上限を超える金利で貸付けをしていますので、無効であることを主張することによって債務(借金)の減額を図ります。

過払い請求・多重債務相談のお問い合わせ先 フリーダイヤル:0120-316-347過払い請求・多重債務 無料メール相談
Copyright Shindo Matsumura Law Office. All Rights Reserved.